「BLを書いています」

 何が変わったのか。
 先に状況が変わったんじゃない。
 意識が変わり、行動が変わって、状況が変わった。

 

 昨夜、とっても嬉しいサプライズがあった。
 他人からすれば大したことじゃないかもしれないけど、出会いがもらたしてくれたプレゼントだった。

 

 約3年前、「お仕事でもなんでも、出会いは夜、作られるんですよ」と教えてくれた人がいた。

 

 ワタシは会社員じゃないので、仕事が終わってから、同僚と飲みにいく……ということができない。友達も少ない。だから、自分ひとりで出かけていった。

 でも、上手くいかなかった。空回りしていると思った。

 

 今も同じことをしている。ひとりで出かける。見知らぬ人と出会う。

 でももう、空回りしているとは思わない。

 何が変わったのか。

 

鳩村衣杏といいます。作家です。BLを書いています。ボーイズラブです。知ってますか? 男性同士の恋愛です。テレビなんかで聞いたことないですか?」

 

 少し前まで、自信を持ってこう言えなかった。

 この仕事にはプライドを持っていたし、ファンを大切にも思っていた。仕事をもらえることをありがたくも感じてた。

 もちろん、親兄弟も友人も知ってる。仕事を聞かれたら、ちゃんと答える。

 でも、BLを知らない人には言いにくかった。

 知らない人に、どう説明すればいいのかわからなかった。気持ち悪いって思われたくなかった。

 

 去年作ったワタシの名刺に「小説家」とはあるけれど、「鳩村衣杏」の名はない。

 わかってくれそうな人にだけ言っていた。

 

 わかってもらえなくてもいいや、と思い始めたのは最近。ほんの数ヵ月前。

 ワタシは政治家じゃない。教育者でもない。大勢の人に、わかってもらうために、この仕事をしてるんじゃない。

 

「BLを書いています。ボーイズラブです。知ってますか? 男性同士の恋愛です」

 

 鳩村衣杏になって、15年。

「15年もやってきた」んじゃない。

「BL小説家です」と心から言えるようになるまで、「15年もかかった」んだ。

 そして、言えるようになれたら、出会いが自然と増えた。

 

 この仕事にはプライドを持っていたし、ファンを大切にも思っていた。仕事をもらえることをありがたくも感じてた──それはずっと変わらない。

 でも、ワタシは、ワタシのことしか考えてなかった。

 

 15年も鳩村衣杏でいさせてもらえたんだから、ワタシは、BLに恩返しをしなきゃいけない。

 今からでも、遅くないのなら。

 やり方はいろいろある。今、それを考えている。

 そして大事なのは、必ず実行すること。

 

「BLを書いています。ボーイズラブです。知ってますか? 男性同士の恋愛です。楽しいですよ。好きな女の子、沢山いるんですよ。女子だって、ステキな男子が多いほうが嬉しいんです。最近は男性ファンも多いんですよ」

 

 

 

f:id:hatomuraian:20170806102308j:plain