小説家・鳩村衣杏の日記

BLや小説のお知らせページ。好きな映画や萌えについても語ります。

もふもふフェア

 ショコラ文庫5周年記念「もふもふフェア」、協力書店さんで絶賛展開中! 

 ありがとうございます~! 
 ワタシの本は『狼さんは、ふかふか?』です。
 どんなフェアなの? 何がもらえるの? どの書店でやってるの?と思われた方は、Chocolat Web内の「もふもふフェア」ページでご確認を!

f:id:hatomuraian:20161230220112j:plain

f:id:hatomuraian:20161230220042j:plain

f:id:hatomuraian:20161230220044j:plain

f:id:hatomuraian:20161230220034j:plain

f:id:hatomuraian:20161230220038j:plain

 

広告を非表示にする

恩返し……犬だけど。

 出版社の公式ツイッターで、見本の写真が流れました。
 うちにはまだ届いてないので、帯は初めて見ました。
 童話・昔話シリーズ、今回のモチーフは……そうです、「鶴の恩返し」です。

 

f:id:hatomuraian:20161226174143j:plain

 

 今回もSSのおまけがありますよ(2種類)。サイン本も書きますよ。

 よろしくお願いします~(・∀・) 

 

家(ウチ)に王子が泊まっています

 2017年1月25日発売予定(リリ文庫)
「 家(ウチ)に王子が泊まっています」の書影が上がりました! 
 イラストはyoco先生です。
 
 今回は「王子様っぽい男性」ではなく、本物の王子に挑戦してみました。和菓子オタクの王子様とのカルチャーギャップLOVEです。
 よろしくお願いします~!

 

f:id:hatomuraian:20161221225858j:plain

 

おすわり!

 ショコラ文庫5周年記念 もふもふフェア 

 12月26日から開催です!

 「狼さんは、ふかふか?」の番外編を書き下ろしました。小冊子『おすわり本』に掲載されています。

 詳しくは上のリンクをクリック! よろしくお願いします~(・∀・)

 

f:id:hatomuraian:20161220185414j:plain

広告を非表示にする

僕はあなたに飼われたい

 ちょっと先ですが、新刊のお知らせです。

 10発売予定(ショコラ文庫

 僕はあなたに飼われたい

 

f:id:hatomuraian:20161216144204j:plain

挿絵:陵クミコさん

 

ショコラ文庫でひっそり続けている童話・昔話シリーズ(笑)。

今回は……読んでのお楽しみです。

カバー絵のわんこ「おはぎ」のお尻が可愛い~( *´艸`)と担当さんが萌え萌え。

ワタシは和泉(攻)の指がエロい~(*´ω`*)と萌え萌え。

陵先生、ありがとうございます!

 

既刊「白雪姫の目覚め」の姫野、「ヘンゼルと魔王の家」の興津もちらっと登場します。よろしくお願いいたします!

 

特典のショートショートは「Amazonさん用」「協力書店さん用」の2種類を書き下ろしました。詳しくはショコラWeb(上記リンク)でご確認を。

 

旅の空で

 スタバのプリン発見! 思わず買ってしまった。

 味は……「普通に美味しい」という印象。期待しすぎたか。ただ、ワタシはプリンマニアではないので……

 結構、甘いなーと感じました。

 それより「マシンが壊れてしまいまして……」という理由で、ドリップコーヒーが買えなかったことにびっくり。オススメのアメリカーナを飲んでみました。こちらも「普通に美味しい」。

 ううむ、これだけだと文句みたいだな。スタバにはお世話になっているので……

 スタバって紙のカップで注文すると目一杯入れてくれるので、飲むときやフタの開け閉めにドキドキした経験、ないですか? こぼれそうとか、熱いとか。
 そんなときは、店員さんに教えてもらった技……

 ひとつ上のサイズのカップに入れてもらう!

 技というよりただの「お願い」なんだけど(笑)、頼むと笑顔でやってくれます。
 以前、地方のスタバでドリップコーヒーを注文したとき、「ミルク、沢山入れられますか? 大きいカップに入れましょうか?」って聞いてくれたんです。そんなことができるのか! や、優しい~(*´Д`)と感激してお願いしますた。
 他店で聞いてみたら、どこでもやってくれるようなので、試してみてはいかがでしょう。注文がグランデの場合は無理だけど(笑)。

 そんなわけで、写真はグランデサイズですが、注文はトールサイズなのです。安心できる~。
 

 

f:id:hatomuraian:20161210124429j:plain

  こちらは「八幡屋礒五郎」のガラム・マサラ。パケが可愛いです。ゾウが唐辛子を抱えているんだけど、でかいんで、サーフィンボードに見える……

 

f:id:hatomuraian:20161210124431j:plain

 

広告を非表示にする

風邪を引いたぐらいじゃ、人は変わりません

 

 誰にだって「調子が悪い」ときはある。どれほど才能のある人でも、勝ち続けることはできない。
 でも「調子が悪い」ことが他のすべてを覆ってしまうと、些細なミスや、他人のちょっとした言葉にも「自分が悪い」と思いたくなる。あるいは、思い込んでしまう。

 もしかしたら、「調子が悪い」ことと闘うより、「本来の自分を見失わないようにする」ことのほうが難しいのかもしれない。
 
「調子が悪い」ときはそこから離れ、読者になって、客観的に「自分の人生」という名の物語を見つめる。そして「あ、このキャラクター(自分)、今、調子が悪いんだな」と認める。
 その上で、自分を信じる。「今は調子が悪いだけ。そのうち復調する」と言い聞かせる。
 それは真実。だから、理由なんか探さず、ただ信じればいい。
 そもそも「調子が悪い」ときに探し物なんてバカげてる。寝てるか、休むか、最低限のやるべきことを粛々とこなせばいい。

 勝ち続ける人はいない。でも、負け続ける人もいない。
 ゲームには波がある。好機は必ず、同じように、すべてのプレイヤーの上に訪れる。それを辛抱強く、待つしかない。
 我慢し切れずに下手に動いたり、試合を放棄してしまうと、せっかくのチャンスを掴み損ねる。

 それでもどうしようもなく辛いときは、その気持ちを誰かに聞いてもらう。
 話を聞いてくれた人は、きっと言うはず──「今は調子が悪いだけ。本来のあなたはちゃんとここにいる」と。
 応援する声は、きっとずっと続いている。焦って頭に血が昇り、冷静さを失い、聴こえなくなっているだけ。立ち止まって、深呼吸をして、耳を澄まそう。

 雨が降るのは、ほんの一時。その上には必ず太陽がある。なくなってしまうわけじゃない。